限界を感じているあなたへ

あなたやあなたの周りの人は、
人生の中で「限界」というものに直面したことがあると
思います。

 

もう無理、もうできない…。
そんな感情を抱いたことのある人は
決して少なくないはずです。

限界

そんな限界に直面した方々が、
ポジティブに未来を見つめ、
前に進んでいけるような気持ちになれる、
とっておきの方法があるのです。

 

回数を限定して「無理」をしてみる

よく、「無理は禁物」という言葉を耳にしますが、
果たしてそれを鵜呑みにして、無理をすることなく、
簡単に諦めてしまうことはよいことなのでしょうか。

 

自分が限界だと思っていたとしても、
それは一時的な感情かもしれません。

 

実は「限界」ではなく「可能」だということが、
「今」ではわからないことなのかもしれません。
そんなときは、何度か「無理をする」勇気を持ちましょう。

 

無理をするのに際し、3回という回数がカギになってきます。
もう無理と感じ始めても、一度粘ってみましょう。
これが1回目です。
それでも無理と思っても、
まだ踏ん張ってみます。

 

これが2回目。
それでも限界の壁にぶつかっていたら…
最後にもうひと頑張りして、
決断に至りましょう。

 

それが3回頑張るプロセスです。
では、なぜこういう流れで自分を試してみることが
大切かを、次に説明します。

 

自分の限界は思っているよりもっと上

もう無理と感じるあなたのボーダーライン、
本当にそこが限界地点なのでしょうか。

 

多くの人は、自分の限界を自分で決めてしまっています。
その自分の限界と思い込んでいるラインは、
3回くらい踏ん張ってみると、
案外越えられるということがわかってくるのです。

 

何事も、自分の限界のちょっと上を行くくらいの気持ち
で臨むことが成長・成功につながるといわれていますよね。
「無理」をすることは、苦しいことかもしれませんが、
決して無駄にはならないのです。

 

一回り大きい人間になろう

きついトレーニングをいつもより1分でも2分でも
長く頑張ってみよう、この勉強はむずかしくて
なかなか習得できないから、1問でも多く解こう、
といった心意気は、かならずあなたを成長させてくれます。

 

今まで、ここで無理と感じていた限界のレベルも
かなり上へと上がっていくはずです。

 

そういった一人前の人間になるためにも、
今のあなたが限界と感じた時から、
3回はもう一度頑張ってみる、
ということを覚えておいてください。

 

きっと将来のあなたは、
自分が想像していたよりも一回り大きい、
立派な人間になっているはずです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ