苛立ってしまっても口に出さないほうがいいのです

思うことがあっても言葉にはしないほうがいい時もあります。
愚痴をこぼさないようにするには話に出さない事です。

無関心でいられるかは自分が鬼の心になれるかどうかで決まります。

愚痴るのを我慢することも時には必要です

何かで苛立ってしまった時、会社の同僚や友人達に愚痴ることがあるかと思います。
言わないままで心の中にしまい込んでいると気持ちが重たくなってしまいます。
確かに誰かに対する思いの丈を言葉にしてしまえば心は軽くなっていきます。

一時的な考えとすればいいのですが、愚痴ってしまうと自身の品格が下がってしまいます。
愚痴ばかり言っていると、自分の気は晴れますが周囲からの視線は良くならないはずです。

ある方もつい愚痴ってしまいがちになりますが、それほど言わないのだそうです。
何故ならば、愚痴を言ったとしても自分の品格を下げてしまうだけだからです。
大人のくせにひとつの事でいつまでもグチグチ言ってしまうのは、みっともなく見えてしまいます。

ある方も、いい年をした大人が愚痴るのはみっともないことだという風に感じています。
愚痴を言わないよう注意して、自分自身の品格を下げないようにしているのだそうです。
愚痴を言わないぶん、陰口を叩く事なく言いたい相手を目の前にして言うことが出来ます。

陰口を叩くことが出来ないでいると、我慢しているだけストレスが溜まってしまうのです。
これはわがままのひとつだとある方は言っています。

しかし、相手がいない所で隠れるように陰口を叩くより本人に言うほうが数十倍いいのです。
というよりある意味ではかっこいい考え方なのではないかとも言えます。

言いたいことがあるのなら言いたい相手がいる時にはっきりと言えるのはとても良い事です。
言われた相手はいい気分でないかもしれませんが、陰で言われるよりはマシと思うはずです。
言いたい相手が居ない場所で他の誰かに愚痴るのはあまりいい光景ではないです。

陰でコソコソと言わないというのは、自分自身の品格を上げる事が出来るとも言えます。

愚痴を言わないコツは話題にしないということです

愚痴を言いたくなる場面は人それぞれ違います。
気に食わない人がいる、勤務先で嫌な思いをしたという人もいるかもしれないです。

あるいは女性であれば、家事でバタバタしているのに旦那さんが助けてくれないなどです。
家事や育児を手伝ってくれないと嘆いてため息をついてしまうことになってしまいます。
愚痴はひとつふたつだけではおさまらず、次から次へと出てきてしまうものです。

家族・友人・同僚・上司と接していると、何かしらの原因でストレスが溜まっていきます。
毎日の生活の中で誰かと喧嘩したり、仕事で上手くいかない事も出てきてしまうものです。
原因もさまざまですから、それについての愚痴はついつい口に出てしまいそうになります。

何かに対する口を一度口にしてしまうと、あれもこれもと次々出てキリがなくなってしまうのです。
或いは誰かから受けた嫌な思いを家族だけに、友人だけに言う時もあるかもしれないです。

そういった大きなトラップに引っ掛からないよう常に注意しておくようにしなければならなくなります。
ある方は、愚痴を言わないようにというより興味を持つか持たないかで減らしているのだそうです。

つまり、愚痴が出てしまう対象に興味を持ってしまえばそれが話題として上るという事です。
逆にその事に興味を示さなければ話題にすら出ないということになるというわけです。

ある方なりの愚痴を言わないコツは、興味を持つものを限りあるものにするということです。
要は、話題に出さないようにするということこそが愚痴を言わずに済むコツなのです。

時間を無駄に費やさない人生を送りたいものです

人生の長さには限りがあるので、無駄なことをするための時間は勿体無いです。
人がどれだけ生きられるかは他人が決めることは出来ないのです。

有意義な生活を送るためにも時間を有効活用していくのがいい方法となります。
健康で長生きするためには、不摂生をしないようにする事が大切になります。

ケガや病気を避けることは中々出来ませんが、元気に過ごすことは重要です。
必要なことを必要なだけこなしていけば、その分時間をうまく活用していく事が出来ます。

不要なことに関して時間を費やさないようにするということはとても必要となります。
そのためにも、自分が興味を持ちたいというエリアをあらかじめ決めることは大切です。

そうは言っても、無関心でいるということは鬼になってしまうとも言えるわけです。
もしこのコツを使おうと思ったなら、鬼になれる人だけ行うべきだとある方は言っています。

おそらくこのコツを使ってしまうと、愚痴の対象が大きくなってしまうだろうとのことです。
ある方は時間を無駄に使わないように、愚痴が大きくなるのを承知の上で行っているそうです。

愚痴の使い方・考え方はさまざまです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ