自分のことを忘れられなくさせるテクニック

人を惹き付けたい、強く印象づけたいという時に、
よく使われているテクニックがあります。
恋愛にも、セールスにも使えるテクニックです。

そのテクニックには、あなた自身も今までに
何度も引っかかっているはずです。

キャッチコピー

 

毎日あちこちで繰り広げられていますから。

テレビ番組で当たり前のように使われている

テレビの情報番組を見ていると、
必ずといっていいほど、
「気になるその秘密は、90秒後」
といったような字幕スーパーが出ます。

そしてCMに入ります。

このような方法がとられているのは何故か、
もうお判りですね。
CMの間にチャンネルを変えられてしまわないように
するためです。

さんざん話を盛り上げておいて
、一番おいしいところにさしかかりそうなタイミングで、
「続きは・・・」

分かっていても、気になってしまいますよね。

ついCMの間もテレビの前に座り込み、
続きが始まるのを今か今かと待っている。

ドラマなんかでも、そうでしょう?
たとえばサスペンスドラマ。

犯人が分かる寸前にCMに入るとか、
謎解きが始まったところで、今週はおしまい、
また来週!とか。

そして気になってしまい、
最後の予告まで見てしまうんだけど、
その予告でもまた、肝心なところは見せない。

来週が待ち遠しくてしかたありません。

一週間、このドラマの続きが気になって
頭から離れません。

最後まで話してはいけない

こんなふうに頭から離れなくなる。
これは使いようによっては、
本当に強力なアイテムになります。

どんなことでも、途中で打ち切られてしまうと、
続きが気になってしまうのは当然。

ところが逆に、結論をしっかり言ってしまうと、
すぐに忘れられてしまうんです。
あっという間に関心が薄れ、興味がなくなり、
離れていってしまいます。

なんでもかんでも丁寧に、
結論までわかりやすく話してあげることは、
親切に思えるかもしれません。
でも、分かってしまったんでは、
惹き付けられないわけです。

相手にとっても、すぐに答えが分かってしまうようなこと
は面白くないはずです。

映画のネタバレみたいなものでしょう。

どんなに楽しみにしていた映画でも、
ネタバレしてしまった途端、
全く見る気がなくなりますよね。
そして見たとしても、全然ワクワクしないはずです。

だから、話をするときのコツは、
決して納得させてあげることを意識してはいけないんです。

答えを残しておくこと。
だけど、何となくヒントだけは与えておかないと
興味は持ってくれません。

わかっていても引っかかる強力なテクニック

インターネット上のコンテンツにも、
この方法はよく使われています。

「その答えを知りたい方はこちらをクリック」とか。

そうすると、メルマガの登録ページとか、
動画視聴ページに飛ぶようになっています。

そしてそのメルマガや動画でもまた、
「その秘密を知りたい方は・・・」
と、商品ページへ誘導。

こんなふうに、テレビでも、
インターネットでも、ありとあらゆるところで
使い尽くされているテクニック。

もうこれだけ出回っていたら、
いい加減みんな引っかからないだろう…と思うかもしれませんが、
分かっていてもかかってしまうのが、
このテクニックの凄さですね。

ちなみにこれは、専門的には
「ツァイガルニク効果」と呼ばれているもの。
興味のある方は調べてみてください。

悪いことに使うのでなければ、
是非有効活用してみてはいかがでしょう?

話がだんだん盛り上がってきたところで、
「おっと、長くなってしまったから、
また今度ゆっくりと」とか。
「こんどちゃんと説明するから」といって
連絡先を教えてもらうとか。

うまく使えば、相手の人はあなたのことが気になって
仕方なくなるはずです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ