突然ですが、就活生に求められているスキルの第1位ってなんだと思いますか?

語学力、体力、元気、計算力・・・

 

どれも重要なスキルですが、
就活生に求められている1番のスキルって
実はコミュニケーションスキルなんです!!

 

コミニケーション

 

これは言い換えれば、
ビジネスに一番求められているスキルだ
ということです。

 

それでは、あなたは自分のコミュニケーションスキルに
自信はありますか?

 

と、聞かれて、胸を張って「はい」と言える人は
そう多くないと思います。

 

「コミュ障」(コミュニケーション障害の略)なんていう言葉もあるように、
自分のコミュニケーションスキルに対して
自信がない人やコンプレックスを感じている人は多いのではないでしょうか。

 

かくいう私も自分は「コミュ障」なのだと思っておりました。

 

しかし、自分のコミュニケーションスキルに自信がなかろうが、
たとえ「コミュ障」だろうが、仕事はしなければなりません。

 

そこで、コミュニケーションに苦手意識がある人でも
限りなく?負担で自分のコミュニケーションスキルを向上させるため、
人とコミュニケーションを取る上で重要なポイントを3つに絞って
お教えしたいと思います。

 

ポイント1 結論を先に言う

まずはポイントその1。
これは一番簡単で一番効果的な手法です。

 

結論を先に言う。それだけです。

 

要は、告白を例にすれば、
「付き合ってください!大好きです!笑顔が可愛くてもう最高です!」
ってことです(笑)

 

「思い返せば君との出会いは・・・」
なんていう告白では思いは伝わりづらいですよね。

 

ポイント2 詳しく説明しすぎない

次はポイントその2。
詳しく説明しすぎない、という手法です。

 

これは多くの人がやってしまいがちな過ちで、
相手にきちんと理解してもらいたいがために、
説明の中に細かい説明が多く含まれてしまうというものです。

 

人は、いくらきちんと整理された話を聞いていても
頭で処理し、理解できる情報量は限られています。

 

ですから、細かい説明は簡潔に、
本当に説明したいことの大筋を伝えることを重視しましょう。

 

ポイント3 間延びする口癖に注意!

次はポイントその3。
これは人によっては、3つの中で一番難しいかもしれません。
間延びする口癖に注意する、というものです。

 

たとえば、話の節々に「え~」や「あの~」と
入れてしまう人っていますよね?

 

ああいった口癖は、自分が思う以上に
話のわかりやすさや説得力を低下させているのです。

 

これを治していくのは難しいですが、これも簡単なことなので、
普段の会話から意識してみるだけで変わっていくと思います。

 

どうでしょう。コミュニケーションスキルを向上させる3つのポイント。
一つ一つのポイントはそう難しくないはずです。
少しずつでよいので、この3つのポイントを意識して過ごしてみましょう。

 

そうすれば、自分が「コミュ障」だったことなど忘れてしまいますよ。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ