時代に沿った考え方が大切、軌道に乗れるか?

皆さんは昔の考え方や両親の言うことにとらわれて、新しいことをするのをためらったりした経験はありませんか?

もしそのような経験があれば、あなたは損をしている可能性があります。
未来で成功していくために意識すべきことをご紹介していきます。

 

同じ考えの人ばかりではない

学校などの環境の中では、年代もほとんど同じ人ばかりで、自分の考えが周りと同じでも良いと思うことも多かったと思います。
しかし、ビジネスにおいては、年代や生活の環境も違ってきた人が集まることも多々あります。

 

そんな時に、自分の考えに固執したり、年上の人の昔の考え方にあわせてしまったりすると、新しいアイデアに結び付きにくくなってしまうのです。「とらわれない」ということはとても大切なことでしょう。

 

若い年代の人の意見を積極的に取り入れる

年齢が若ければ若いほど、必然的にこれからの未来を創っていく時間が長い人となります。
若い人たちはより流行に敏感であり、最新の技術に追いつくスキルも高いです。

 

未熟な考えや発言があったとしても、それらを右から左に流さず、教えていったり、ひとつひとつの発言を尊重し、ビジネスにも取り入れていくことは、成功への近道となる可能性があるのです。

 

また、自身もフレッシュな考えに刺激され、今まで思いつくことのなかった新しいアイデアを生むこともできるかもしれません。
もしあなたの職場や取引先に、そういった人がいたら、積極的に話を聞くことを実践してみるとよいでしょう。

 

自分にとって新鮮な場所に出向く

思い詰まったり、考え込んだりしたときにおすすめできるのが、「行ったことのない場所に行ってみること」です。
美術館やセミナー、スポーツセンターなど、自分にとって新しい何かが待っていそうな場所に出向くと、その新鮮な体験からまた新しいアイデアが生まれることがよくあります。

 

その場にある作品や環境自体にも、そこで出会った人にも、あなたにはない考えや特徴、魅力を持ち合わせています。
そういったものに刺激を受けることで、あなたの脳も活性化されて、若々しい、時代に沿ったアイデアを生むことができるようになり、ビジネスにおいての成功にもつながっていくのです。

 

あなたもぜひ、自分にはなじみのない場所に積極的に赴いて、新しい発見をしてみてはいかがでしょうか。
きっと新しさや斬新さ、刺激を感じることができ、あなたにとってプラスに働く要素を生み出してくれるでしょう。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ