執着心は寝て忘れれないと成功をつかめません

みなさんは「断捨離」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますか。

これは、物への執着を捨てて、
身の周りをキレイにすると、いろいろなストレスから
開放されるというものです。

未来

また最近は、お部屋の片付け術ということで、使わなくなった衣類や、
雑貨類などを、どのように仕分けして捨てるかという本も
たくさん出版されています。

今回は、このような「物」ではなく、
人生における「執着の捨て方」について
少し考えてみましょう。

執着とは

辞書で調べてみますと
「心がとらわれて思い切れないこと」
「ある物事に強く心がひかれること」
などの意味があります。

ビジネスの上でも、取引先との関係やお得意さんとの関係で
「執着」というものが、出てきてしまう状況があるかと思います。

でも、一般的には「何かに執着してしまうと正常な判断の妨げになる」
場合が多いように思います。

このような状況の時には、
意識的に執着を捨てることが必要になります。

執着の捨て方

執着の無い状態というものを考えていますと、
「無心」とか「あるがままを受け入れる」
というような言葉が思い浮かびます。

これとは別に「柔軟心(にゅうなんしん)」という言葉もありました。
文字通りの「やわらかいこころ」。
意味としては「素直なこころ」「しなやかなこころ」です。

これらの事から、執着を捨てるには、
自分の心を「無心」「あるがまま」「素直」「しなやか」
にすると良いのではないかと思われます。

つまり、自分の気持ちをリセットするというのも
一つの方法ではないかと思います。

気持ちをリセットする方法としては、
気分転換、睡眠、散歩、入浴など
いろいろな方法があります。

あなたにあった方法で気持ちのリセット、
つまり執着を捨てる事をしてみて下さい。

気持ちのリセット

新しい方法で物事に取り組もうとする際、
何らかの執着があるとニュートラルな
判断が出来ない場合が多いかと思います。

ですので、気持ちのリセットが必要になります。

一つの方法として、朝、目覚めた際
意識して気持ちをリセットするというのは、
いかがでしょうか。

毎朝、気持ちをリセットすることで、
ビジネスやあなたの人生の問題をニュートラルな
気持ちで判断できるようになるのではないかと思います。

さあ、毎日 新たな気持ちでスタートして下さい。

昨日の物事に執着せず、ニュートラルな気持ちで、
物事に取り組んで下さい。
きっと、新しい進展が見られると思います。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ