人の役立つことをすれば、在宅でもお金を稼げます No.16

私はアフィリエイトでそれなりにお金を稼ぐことができる
ようになっていますが
「人の役に立ってお金を稼ぐ」
ということに、こだわりを持って行なっています。

 

 

といいますのは、今のネットビジネスの現状を見ますと、前にも
申し上げましたが、世の中の基本原則である「ギブ アンド テイク」が
守られていない場合が多いのです。

 

「自分だけが金儲けをさえすれば、後はどうなってもよい」というような
浅はかな自分勝手な考えでネットビジネスをしている人が、
どうしても減っていかない、それどころか増えているのかも知れません。

 

このままでは、ネットビジネスでのビジネスが出来なくなり、
悪い面ばかりが目立つようになって、みなさんにネットビジネスの
素晴らしさを体験していただく機会が無くなってしまうのではないかと
心配しているからなのです。

 

人の役に立ってお金を稼ぐ

私が取り組んでいる情報商材アフィリエイトですが、
「私にしかできない情報を提供して、相手にとって価値のある存在になりたい」
と考えています。

 

もしこのような、
「私が提供する情報に価値を感じてもらえて、
価値を感じてもらえた人から情報の対価として報酬を得られる」
という関係が成り立つような状況というのは、
私にとっては理想そのものです。

 

私のポリシーとそれに必要なスキル

私の情報商材アフィリエイターとしてのポリシーは、
単に情報商材をアフィリエイトするのではなく
「人の役に立つ情報を発信する」
「私にしかできない情報提供をして、相手にとって価値のある存在になる」
というものです。

 

この私のポリシーを実現するために必要なスキルが
「コピーライティング」なのです。
このコピーライティングとは、突き詰めれば
「言葉の力で人を動かす」ということなのです。

 

このコピーライティングスキルを高めるためには、
①単に文章をつくるスキル以外に、今の世の中が何を求めているのか
という情報・知識をインプットする。
②その情報・知識をあなたの感性で再構成し、
アウトプットするコピーをより良いものになるよう思考・考察する。

 

これを繰り返し行なっていくと、コピーライティングスキルを高めることが
出来ると考えています。

 

まとめ

ネットビジネス、その中でも特に情報商材アフィリエイターの方は特に、
次のことについて意識してアフィリエイトをしていただきたいと思っています。
(この記事を読んでいただいている方も、近い将来 情報商材アフィリエイターに
なるかと思いますので、よろしくお願いします)

①:人の役に立つような情報を提供することで、お金をいただいているという事。

②:自分にしか出来ない情報を提供して、相手にとって価値のある存在となる事。

③:自分自身を高めることは、アフィリエイトしている商材の内容を高める事に
つながり、それが「より人の役に立ってお金を稼げる」ということになる事。

 

そういう信念でやっていけば、在宅でお金を稼ぐことが出来ます。
家事ばかりをしていて一見、社会から見放されたような主婦でも
そこらで働いているサラリーマンの年収を軽く追い越すことだって出来ます。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ