主婦でもなれます・・・在宅で稼ぐ「トップを走るリーダーに」

主婦でもなれますよ。
在宅で稼ぐ「ネットビジネス界でトップを走るリーダーに」。

 

少し前から、現在は情報社会だと言われています。
しかし、最近は情報が膨大過ぎて処理しているうちに、得られた結果が
現状にそぐわなくなってしまう事も多くなってきているようです。

自信

このような現在のトップを走るリーダーに求められる能力はどのようなもの
でしょうか?

 

その内の一つは「直感的な判断力」です。

 

多くの方が「直感」というと何となく怪しげな
イメージをお持ちだと思いますが、
実際は、皆さんが感じてられる程、いい加減なものではないのです。
一緒に「直感」とは、どのようなものなのか考えてみましょう。

 

直感とは

「直感」を辞書で調べると、
・「推理、考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること」
・「人間が本能的に生存するためのもの」
などの意味があります。

 

そして、「直感」とは、
決して先天的なものでなく、心がけや練習によって
研ぎ澄ませてゆくことができるものなのです。

 

最近のベストセラーの一つに、
羽生善治氏の「直観力」というのがあります。
羽生さんが長年の将棋の世界での経験ですが、「最初に直感で考えたことと、
熟考して出した結論は、結局似ていることが多かった。」ということから
「直感をもっと信じても良い」との考えに至ったとのことです。

 

またスティブ・ジョブズ氏が「禅」に
非常に興味を持っていた事も有名です。
もうお気づきの方も多いかと思いますが、
「禅」と「直観力」というのは、
非常に深い繋がりのあるものなのです。

 

そして、もうすでにそれぞれの分野で
トップを走っておられる方は、
「直感」の凄さに気づき、それを活用していたのです。

 

直感的な判断力

「直感」とは、人間の「脳」という、
現在のスーパーコンピュータでも足元にも及ばない
情報処理装置が、これまでのあなたの経験、
理論的な思考の蓄積情報から
判断を下したものなのです。

 

しかし、脳が正しい直感的な判断を下すには、
条件があります。

 

「直感」として何かを感じた時、
あなたはリラックスしていましたか?

 

また「常識」や「先入観」の排除も必要なのです。
ですので、「脳」がいろいろな意味で
ニュートラルの状態にあることが必須です。

 

参考ですが、
「禅」というのは、脳の状態を
ニュートラルにしてくれるのではないかと思います。
ですので、一般の日本人より海外のトップの方々の方が、
「禅」というものに対して
深く理解している場合が多いのでは、ないでしょうか。

 

考える前に決めてしまう

あなたの周りの人たちの中に、
・レストランに行った時、
メニューを見ながらなかなか注文できない人は
いませんか?
・自動販売機で飲み物を買うとき、お金を入れてからまた考え込む人は
いませんか?

 

このような人たちは悪いとはいいませんが、
これからの社会のトップを走る人に
なる可能性は低いと言わざるを得ません。

 

しかし、このような人たちも
(もしあなたもこのような傾向があるのであれば)、
ちょっとした事を心がけるだけで、
「直感力」を鍛えることができるのです。

 

例えば、レストランに行った時には、
メニューをざっと見て何となく気になったものを
さっと注文する。

 

自動販売機で飲み物を買うときは、
缶のデザインでも何でもよいですが、何となく
気になったものを3秒以内に決めて、ボタンを押す。

 

この時の、「何となく気になったもの」というのは、
あなたの脳がニュートラルの状態で
あれば、これまでの経験などから結構、
その場の状態に合ったものを選んでいるはずです。

 

この能力は、心がけや練習で、
より高めていくことが出来るものですので、
是非 毎日の決断しなくてはならない時に、
心がけて実践するようにして下さい。

 

そして、してはならない事は、
「直感力」を信じて決断したことが、自分の期待していたものと
違う場合、「もしこうしていたら」と後で考えないで下さい。

 

それは「直感力」には、自分自身に自信が必要です。
自信がないと折角の「直感力」で、
得られた決断を実行できなくなるからです。

 

さあ、明日からあなたの「直感力」を信じて、
最初は小さいことからで良いですので
「直感」に従って決断してみて下さい。
少しずつですが、「直感力」が身についてくるはずです。

 

たったこれだけで、あなたの人生が変わるのであれば、
やってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

主婦でも可能です。
在宅でお金を稼ぐトップリーダーに。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ