主婦が在宅でお金を稼ぐメッセージとは No.57

前回は「良くないメール」についてお話しましたので、
今回は「どのようなメールが良い印象を与えるのか」について
お話してみたいと思います。

印象の良いメール

さて、印象の良いメールとはどのようなメールだと思われますか?
・簡潔明瞭に用件が記載されたもの。
・敬語が適正に使われているもの。
・相手に失礼にならないよう控え目な言い回しのもの。

 

これらの条件をクリアーしていれば100点満点ですが、
なかなかハードルが高いかと思います。

 

私が思っているものは、もっと簡単です。
それは「相手への配慮」を感じさせるメールです。

 

相手への配慮

相手への配慮とは、どういったことなのでしょうか?

それは、相手に一方的に何かを求めるような自己中心的なものでないこと。
つまり相手への「思いやりの心」。
「気遣い」が感じられるものです。

 

今の世の中、ある意味最先端のネットビジネスに「思いやりの心」とか「気遣い」が
どう関係するのか、何となく違和感を持たれる方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、ネットビジネスというのは、基本的には文章でのやり取りが多いものですので、
「思いやりの心」というのが、これまでの一般的なビジネスよりさらに
大切になってきているのかも知れません。

 

まとめ

自分にとって何となく気になるアフィリエイターの方がいましたら、
その方にメッセージを送ってみましょう。

ある相手に対してのメッセージというのは、漠然とした相手へのメッセージに比べ
文章のイメージがはっきりと認識できるので、しっかりした文章になるのです。
これは、非常に良い文章のトレーニングになります。

 

そして、あなたがその相手に興味を持ってもらおうとするならば、
相手にとって何らかのメリットを示すべきです。

 

例えば、もしあなたが複数の見知らぬ人からメッセージをもらったとしましょう。
それらのメッセージの中に、少しでもあなたにとってメリット
(いろいろなものが考えられます)を感じさせるようなメッセージ。

または、あなたの事を大事に考えている気遣いが感じられるようなメッセージに
親近感を持つのではないでしょうか。

 

そしてそのようなメッセージを送ってくれる人に好意を持つのが普通です。

好意を持つということは、その人に喜んでもらえるようなことを
何かしてあげようと考えるのは自然な感情の動きです。
このような感情による現象は「えこひいき」というものになります。
(あまり良いイメージではないかと思いますが、現実にはどうしても
起こってしまうものなのです)

 

それと、ネットビジネスというのは、基本的には文章でのやり取りですので、
「思いやりの心」というのが、一般的なビジネスよりさらに大切なのかも知れません。

 

例えばコピーライティングというのは、言葉の力で人の行動に影響を与えるものです。
それには「思いやりの心」というのも大きく影響を与えるものだと
思います。

 

ネットビジネス、特に情報発信ビジネスでは読者との信頼関係というのが
成約に密接に関係しています。
それにも「思いやりの心」が大きく影響しているものです。

 

このように「思いやりの心」というのは、時代遅れの昔のものではありません。
どうか「思いやりの心」を再認識していただき、ぜひネットビジネスに活用して
売上に繋げて下さい。

 

思いやりを持つことで主婦でも在宅で安定的にお金を稼ぐことができます。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ