主婦が在宅でお金を稼ぐためにプロ意識を発揮させる

主婦が在宅でお金を稼ぐために
プロ意識を発揮させる重大な要素があります。

キャッチコピー

どんな仕事でも「プロ意識」が必要です。

 

お客さんからしてみればアルバイトも社員も関係ありません。
「自分はバイトだから」といい加減な仕事をしていたのでは駄目です。

 

また、「昨日彼とケンカしてしまって落ち込んでるから」
といって、仕事を放棄するわけにもいきません。

 

ともかくそれを仕事とし、報酬を得ているならば、
それにかかわることは全てプロ意識が伴うべき。

 

とはいえ、
それが欠けてしまう時というのもあるのは事実ですよね。

 

それは、どんな時なんでしょうか。

 

芸能人の笑顔の裏側には

たとえば芸人さんは、
いつもテレビで面白いことを言っては人を笑わせていますよね。

 

人を笑わせるということは、
人を幸せにするということです。
そういう仕事ですね。

 

歌手の人だったら、
歌を歌う事で人を元気づける仕事です。
笑顔で元気が出る歌を一生懸命歌い、
お客さんの声援にまた笑顔で応える、そんな日々。

 

プロだったら当然です。

 

では彼等が、毎日いつでも頭の中が幸せでいっぱい、
笑顔いっぱいの生活を送っているのかというと、
決してそんなことはないですよね。

 

たとえば、事務所が強引に決めた過密スケジュールで
心身ともにボロボロだったり…。

 

一部の熱狂的なファンのストーカー行為に悩んでいたり…。

 

先輩芸人や大物芸能人からイジメ、パワハラを受けていたり。

 

それからもちろん、個人の恋愛や家族の問題などといった、
誰にでもあるような悩みも沢山かかえていることでしょう。

 

ベストな仕事をするための選択

テレビカメラの前で、ステージの上で、
笑顔を振りまく彼等でも、その裏ではやはり
大変な思いをたくさんしているのです。

 

そしてそのプロ意識による笑顔と、
実際のハードな日々のギャップで、
ついにはおかしくなってしまう人も多いという話です。

 

精神的に病んでしまったり、
身体を壊してしまったり。

 

そうして、第一線から退いてしまう人、
活動を大幅に縮小してしまう人もいます。

 

しばらくの間活動休止をする人もいますよね。

 

事務所を離れて独立したり、
個人で細々と活動するだけにするような人もいます。

 

なぜ彼等がそうするかというと、
そうしたほうが、ベストな仕事ができる、
と判断したからじゃないでしょうか。

 

今まで通りに無理に仕事をし続けたのでは、
100%の力が発揮できない、ということです。

 

これは逆の意味で「プロ意識」の現れですよね。

 

中途半端な、レベルの低いパフォーマンスを
やみくもにこなすより、本当に質の高い仕事をするために、
休むときは休む、自分を壊すようなことはしない、という。

 

休むという大事なミッション

これはスポーツ選手でも言えることです。

 

練習も適度に休まないと、
却って身体を壊してしまいます。

 

休む事も、大事なトレーニングの一環なのです。
いい仕事をするために欠かせないミッションの一環です。

 

このことをはき違えて、
休んでいる人を「怠け者」であると考えるのは間違いです。

 

芸能人やスポーツ選手に限りません。

 

どんなビジネスでも、
プロ意識は大切です。

 

でも、だからこそ、
そのプロ意識を発揮するために休むことも、
時には必要なんです。

 

どうしても休まなければいけないような時、力が出せない程に苦しい時。
そんな時には、これも大事なミッションの一つだと思って、
しっかり休むことも忘れないでください。

 

主婦が在宅でお金を稼ぐためにも
あせらないで休むことも重要です。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ