主婦が在宅でお金をかせぐ・・・ネット社会で生きるための新常識

主婦が在宅でお金をかせぐ・・・
ネット社会で生きるための新常識を
意識してください。

情報収集

インターネットでたくさんの情報が得られて、
とても便利な現代。
ちょっとでも疑問に思ったことは、
1分もかからず答えが出てきます。

 

しかしその答え、本当に大丈夫でしょうか?

 

情報があふれているからこそ、
中には危険なものもいっぱいあります。

 

トンデモ情報に気をつけよう

「中には」というよりも、むしろデマや思い込み、
偏見などにみちた情報のほうが
比率は多いのかもしれません。

 

逆に、その多くの情報の中から
真実を探し出すことのほうが難しい現代のネット社会。

 

そういう意味では、便利というよりは
危険な社会なのかもしれませんね。

 

「トンデモ情報」なんていうものも
たくさんはびこっています。

 

世の中にはそのトンデモ情報、
トンデモ思想を垂れ流すような人がいるんです。

 

何の根拠もなく、自分の思い込みに思い込みが重なって、
もう周りが見えなくなっているんでしょうね。

 

だけどインパクトはあるものだから、
それを真に受けたり、面白がったりして、
拡散してしまう人も大勢。

 

現代のネット社会というものは、
そうやって出来上がっている、
ということも言えると思います。

 

命にさえかかわる!?

その中でも危険な分野の一つに、
健康法の情報があります。

 

これは一歩間違うと、
命にさえ関わる場合がありますからね。

 

そこまでいかなくても、
体調をかえって悪化させてしまうこともあります。

 

たとえば、毎日しっかり栄養を摂るべきだ、
足りない栄養をサプリメントで補給すべきだ、
という情報がいっぱいあります。

 

その一方で、現代人は食べ過ぎだ、
栄養の取り過ぎで生活習慣病になっているんだ、
という情報もあります。
だから断食をしろ、とか。

 

ただ、こういうのって、
ケースバイケースだと思うんです。

 

栄養が足りない人もいれば、
摂り過ぎの人もいると。

 

足りない人は補わないといけないし、
多すぎる人は減らさないといけない。

 

だけど勘違いして、
逆をやっちゃうとまずいわけですよね。

 

だけどネット上の情報は、
あくまでも一方的な情報の垂れ流しであって、
決して客観的な診断、判断をしてくれないのです。

 

その判断については、自己責任なのです。

 

一つの情報に偏らない

こういうことはたとえば教育でも、
ビジネスでも言えることです。

 

その情報にしっかりと根拠があるかどうか、
きちんと確認しながら付き合っていかなければなりませんね。

 

場合によっては家族、同僚、顧客、いろんな人を巻き込んで、
誤った方向に突き進んでしまうことにもなりかねませんから。

 

その情報がしっかりとしたプロによるものかどうか。

 

プロでなかったとしても、
根拠や実績のある情報に基づくものか?

 

吟味に吟味を重ねて、他の情報と照らし合わせて、
判断していかなければなりません。

 

これはネット社会という現代に生きる我々にとって、
新しい常識、新しい義務と言っていいのではないでしょうか。

 

主婦が在宅でお金をかせぐために
どういう方法で稼ぐかにも影響する
意識です。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ