主婦がお金を稼ぐために人間関係が窮屈だと感じるなら在宅で仕事

主婦がお金を稼ぐために人間関係が窮屈だと
感じるなら在宅で仕事をすることも
選択肢に入ると思います。

 

頭の固い人って、いますよね。

 

いつも眉間にシワを寄せていて、
カリカリしている。

ストレス

何かちょっとしたミスをしたり、ちょっとふざけてみただけで怒るような…
昔風の、厳しい学校の先生みたいな感じでしょうか。

 

そういう人って、けっこう損をしているものです。

 

でも、あなた自身の中にも、
密かにそういう要素が潜んでいるかもしれませんよ。

 

こだわりは周りをもピリピリさせる

眉間にシワを寄せるという表情は、
神経質な人にみられるものだそうです。

 

ある意味、集中力。
顔の中央に力を集中させているわけですからね。

 

集中力というと聞こえがいいですが、
それはこだわり過ぎ、過敏状態、ということでもあります。

 

それがひどくなると、
たとえば被害妄想みたいな感覚も出てくるんです。

 

「みんな、私のことを笑っているんじゃないか」
「よってたかって、わたしのことを馬鹿にしているんじゃないか」

とか。

 

精神衛生上、
よくないですよね、これは。

 

周りの人までピリピリさせてしまいます。

 

「肩の力を抜こう」ということはよく言われますが、
眉間の力を抜く、ということ、大事です。
顔の力を抜く、ということでもあります。

 

顔の力を抜くと、表情が豊かになりますよ。
自然に、笑えるようになります。

 

そうすると、自分自身はもちろん、
周りの人まで和やかな雰囲気になっていくんじゃないでしょうか。

 

職場の環境づくりのためにも、とても大事なこと。

 

特にリーダーや上司など、
人をまとめる立場の人なら、ぜったいに大事なことです。

 

眉間にシワを寄せた恐い先生の心理

学校の厳しい先生で眉間にシワをよせている人というのは、
要するにルールに厳しい人です。

 

校則を破る生徒はいないか、態度が悪い生徒はいないか、
いつも目を光らせています。

 

その気持が強すぎて、まだ実際は校則を破っていないのに、
「こいつら、何かそのうち悪いことをしでかしはしないだろうか」
という疑いの眼をもって、警戒するようになります。

 

生徒達はいつも見張られているわけですから、
当然、その先生とのコミュニケーションは取りづらくなりますよね。

 

先生は先生で、毎日誰か違反をしないかと
心配で仕方なくて胃が痛くなるし、生徒は生徒で、
毎日見張られているような気がして窮屈で仕方ありません。

 

誰一人、得をしていません。

 

自分が力を抜けば、関係性が変わる

ところが、いつも面白いことを言っていたり、
気さくに声をかけてくれる先生とは、
とてもコミュニケーションが取りやすいです。

 

悩み事の相談もしやすいし、
何か失敗してしまっても素直に言えそうです。

 

眉間にシワを寄せている先生には、
とてもじゃないけど言えませんよね、た
だ怒られるだけで終わりそうで。

 

やっぱり、人間関係っていうのは、
窮屈じゃないほうがいいですよね。

 

そして周りの人とのコミュニケーションがうまくいっていない
と感じたならば、自分自身の肩の力、眉間のシワなどを、
ちょっと抜いてみませんか?

 

そうやって、自分のほうから変わっていくと、
自然に周りの人の様子も変わってくるはずですから。

 

主婦が在宅でお金を稼ぐにあたり、
こういうことが面倒だと思いましたか?



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ