メッセージを送ることによって在宅でお金を稼ぐ方法No.56

みなさんは、アフィリエイターに何かメッセージ(質問など)を
送ったことがありますか?
送ったメッセージに対して、返事をもらえましたか?
もしもらえなかった場合、その原因を考えたことがありますか?

今回は、返事をもらえなかったような場合、どのような原因があるのか?
このことについて一緒に考えてみたいと思います。

 

ネット社会での意思の疎通の手段?

昔々(100年以上前)の連絡手段としては、手紙というものが一般的でした。
その後、電報というものができ緊急時には大変役に立っていました。
現在では、各個人個人が携帯電話を持つような時代になりましたが、
ネットでの意思の疎通には、主に文章で行なわれているかと思います。

 

つまり、今のネット社会でも文章での意思の疎通というのが
避けられないものなのです。

 

ですので、100年以上前の手紙(文章)のルールの中には、
現在のネット社会でも役立つものがたくさんあり、
それを活用するとスムーズにお互いの意思の疎通が
できるようになるかと思います。

 

そして文章(手紙)にはルールやマナーがありますので、
それらを知っておくとネットビジネスでも
いろいろ役立つことが多いかと思います。

 

文章(手紙)のルール?

ネットビジネスでメッセージ(質問など)を受け取る立場の方というのは、
非常に忙しい方が多いかと思います。
ですので次の点に気をつけて文章を送るようにすれば、
返事をもらえる確立が高くなると思います。
1.連絡を取りたい相手の名前に「様」を付けて宛名とします。
2.自分の名前を書きます。
3.件名を一目見てわかるように書きます。(改行やカッコでわかりやすく)
4.用件を簡潔明瞭に書きます。(慣れないととても難しいですが・・・)

このように書いてしまうと、苦手意識が先行するかも知れませんが、
何回かすれば慣れてきますので、必要以上に心配する必要はありません。

 

相手に「お願い」するという意識が大切

ネットビジネスに限りませんが、相手にメッセージを送るということは
相手の限られた時間を自分が送ったメッセージ(質問など)に対して費やして
いただくということになります。

 

ですので、特に質問などをする際には相手に「お願いする」という気持ちが不可欠ですし、
相手の状況を考えて質問(メッセージなど)を送信するということが重要になります。

 

慇懃無礼(インギンブレイ)な質問などは、受け取った方も人間ですので
返事が返ってこない場合が多いと思います。
反対に「お願いする」という意識で欠かれたメッセージは、
好意的な返事がゲットできる確立が高いと思います。

 

このように文章についてのルールやマナーを知らないでいると
自分が「損」をしてしまいます。

 

是非、損をしないためにも文章についての最低限のルールやマナーを
勉強して下さい。

 

そうすれば、お互い気持ち良くネットビジネスができるのではないでしょうか。

 

結果的に主婦でも在宅でお金を稼げる確率が高まります。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ