本当に勝ち組は?あなたはどちらの生活を選ぶ?

あなたなら、どちらの生活を選びますか?

 

 

1つは、「決められた居住地、生活様式、人間関係、勤務時間・方法に縛られて、一生、会社の言いなりになり、生活していくための収入を得るためだけに、働き続ける人生」

 

2つ目は、「住むところも自由、起きる時間・寝る時間も自由、平日・休日の分けもなく、好む人だけとの付き合い、収入のコントロールも自由で、全て自分が決めていく自由な人生」

 

なぜ、このような質問をするかと言うと、一昔前に流行った言葉で、「勝ち組」のことを考えたのです。

 

「勝ち組」を考えてみる

大企業の社員、役所の人、医者、弁護士などは、ステータスの高い職業として、
「勝ち組」といわれてました。

 

子供の頃から、しっかり勉強して、いい大学に出て、
このような「勝ち組」の職業につくようにと教えられてきました。
結果、「勝ち組」の就職先につけたら、子供以上に喜ぶ親の姿もよく目にしました。
「月収100万円」
「年功序列の終身雇用」
「結婚したい相手の職業No1」
などで「勝ち組」と評価されたりします。

 

私もこれら「勝ち組」の評価を正しいものと信じて、
成長していきました。

 

また、私は、「勝ち組」に囲まれて育ってきました。
まわりの親類には、国家公務員、地方公務員などが多いのです。

 

安定した職業、まわりがうらやむ職業、公務員になると、就職祝いは大盛況なもので、私も楽しみでした。

 

そんな私ですが、大人になっていくうちに、現実が見えるようになってきたのです。
毎日朝早く、深夜まで働き、時には徹夜で何日も帰宅できないほど超多忙な公務員の親戚。

 

彼の妻は、新婚なのに一緒に過す時間がほとんどないと嘆いてました。これで「勝ち組」は幸せなのでしょうか。

 

同じように、土日も出社して働く人もいれば、家に持ち帰って働いている人もいます。
1日24時間のうち、8割は仕事している状態です。

 

まったく、自由な時間はなく、家と勤務先との往復、人間関係も勤務先と関係のある人とだけ、すべて仕事に縛られた自由のない生活を送っているのです。

 

夢を語っても、定年退職後の話しばかり。
仕事に縛られた生活が定年まで続くものとあきらめているのです。

 

他にあった別世界の「勝ち組」

まわりの親類たちの実体を目のあたりにして、本当に「勝ち組」なのかと思いました。

 

そんな中、別の世界はないかとネットで調べてみると、自由な生活を送りながら高額収入を得ている人もいることを知りました。

 

ほんとうの「勝ち組」はこの人たちではないかと。
今までの「勝ち組」の固定概念は大きく壊れました。

 

私が調べて見つけた人は、好きな音楽をやりながら、ブログアフリエイトなどのネットビジネスで儲けている人でした。

 

東京の自宅と田舎に別宅を持ち、普段は別宅で自然を感じながら、パソコン1つでネットビジネスをやっており、年商何億と稼いでいるのです。

 

コンサルとうたって、セミナーを開き、同じ志を持った気のあった人たちと触れ合いながら、およそストレスからはほど遠い生活をしているのです。

 

職場、住居、働く時間、働く仲間、すべて自由です。
自由でありながら、従来の「勝ち組」と比べて何十倍のお金を稼いでいるのです。

 

当時、私は借金生活で日夜働き詰めの生活を送っており、この人の生活を知って、興奮状態が覚めませんでした。
本当の「勝ち組」の世界を知ってしまったのです。

そして、どちらを選ぶか

単純に従来の「勝ち組」とこのネットビジネスで成功された「勝ち組」を比較するのは難しいのかもしれません。

従来の「勝ち組」でも仕事が生きがいであり、働き詰めに喜びを感じる人もいるかもしれません。

公務員として、国民、市民の役に立つ仕事に誇りと喜びを感じている人もいると思います。収入だけで人生の価値をはかるものではないかもしれません。

ただ、人間は自由を求める生き物だと私は思います。

私は、その本能に従って、より自由のある仕事に魅力を感じ、私はその仕事を選択したのです。

あなたなら、どちらの生活を選びますか?



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ