後悔のない生き方をするには

今、誰もが一度きりの人生を生きています。
もっとこうしておけばよかった、これからこうしたかったのに…という
気持ちをいつも抱えてはいませんか?

%e6%82%94%e3%81%84

もし自分が明日命を落とすとしても
後悔しない生き方はできていますか?
できていない方は、ぜひ下記を一読ください。

 

他人の「死」からわかること

あなたは自分の身近な人が亡くなった
という体験をお持ちでしょうか。
もし、その体験がある方なら、「自分の死ぬとき」も
想像したこともあるのではないでしょうか。

 

亡くなった人がどんな思いで逝去されたのか、
それを自分と重ね合わせて考えたとき、
自分も死んでしまうときがきたら、
何にも後悔しないで、すべてやりきった状態で命を終わりにしたい、
とは思いませんか?

 

そのように考えることができる方は、
人よりも人生をより楽しく、
有意義なものにすることができると思います。

 

何事も実行することが大切

では、いつ死んでも後悔しない生き方とは
いったいどんなものなのでしょうか。

 

それは、どんなことに対してもまずは「行動すること」です。
その結果がどうであれ、自分が動いたことによって、
自分の見られなかったはずの未来を拓くことができるかもしれません。

 

運命を変えることができるかもしれません。
たとえ失敗してしまったとしても、その体験を糧に、
新たに目標をもって生きていくことができます。

 

そのケースにおいても、自分が実行したことで
はじめてわかることがあるのです。
「自分はこうしたい」、「こういう将来にしたい」、
「こういう生き方をしていきたい」、などという
希望や考えがあるのにもかかわらず、
それをかなえるために何もしないことが一番何も得られない、
一番損をすることなのです。

 

常に自分と向き合って問いかけを続ける

自分が本当はどうしたいのか、どうしていきたいのか、
自分自身に問いかけることは実はとても大切なことなのです。
不思議なことに、自分のことなのに、自分が全くわかっていなかった、
なんていうケースも多々あるからです。

 

自分の中に秘めたものがあるにも関わらず、
それを見いだせずにいるということは、
宝の持ち腐れのようなものです。

 

人はいつ死んでしまうかわかりません。
病気をしていなくても、
事故や事件に巻き込まれる可能性だって悲しいことにゼロではないのです。

 

いつ、自分が死んでも後悔しない生き方をするには、
常に自分に問いかけて、何をしたいかを自分自身できちんと理解し、
それから行動に移すことが大切なのです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ