人生の鍵を握る言葉の使い方、在宅で稼いで自由を得る方法

現代の社会生活の中で私達が何気なく使っている
「まだまだ未熟ですから」という言葉は
人の物事に対する積極的な姿勢と
その反対である消極的な姿勢をあらわしてしまいます。

将来、あなたが経験するさまざまな場面で
どのように使えばあなたにとって素晴らしい結果をもたらすのか
一度立ち止まって考えてみましょう。

 

使い方で未来が変わる

気を付けたいのは
誰かに新たな仕事を依頼される場面などで
「未熟なので、私には無理です」
「未熟なので、できるとは思えません」
などの消極的な使い方は避けるべきです。

 

これは一見、謙遜のようにも受け取れますが
自分の未熟さや能力の低さを理由に、
目の前の事柄から背を向ける、
いわゆる「逃げ」であり、
自分の可能性を閉ざしてしまう言葉になってしまいます。

 

あなたの仕事に対する姿勢に期待した相手からも
今後の関係性に尻込みしてしまうような
マイナスの言葉となります。

 

少なくとも、新たな挑戦を求められる場面では
このような言葉を使うのは好ましくありません。

 

新たな課題を前にしたときは、
「未熟ですが、できる可能性があります」
「未熟ですが、全力で取り組みます」
という、向上心が垣間見える前向きな使い方をしてみてください。

 

そうすることで必然的に周囲のあなたに対する印象も変わり
頼もしい存在になることでしょう。

 

逃げない選択で新しいステージへ

人間は、未熟だからこそ可能性を秘めています。
人は人として成長するために、
先行く人を目標にして
日々、努力することができる生き物です。

 

「未熟」という言葉の陰に隠れ
現状に甘んじて何一つ変えようとせず、
努力しないまま逃げ続けていれば、
人としての成長はそこで止まってしまいます。

 

初めから完璧な人間はいません。
仮に失敗したとしても、
問題を模索し続け、その答えを導き、
その後の経験に活かす努力をすることで
人生の新たな道が拓けるはずです。

 

人生を変えるエネルギー

また、そういった意識に基づく努力以外にも
質の高い情報の収集と、
さまざまな分野で活躍する人との交流は
自分の人生に刺激を与え
未熟さを行動力というエネルギーへと変化してくれる
最高の活性剤となります。

 

これから成長できる伸びしろがある人は、
そういった前向きな基本姿勢に加えて
豊かに輝いた人生を送っている人々や
豊富な知識を与えてくれる情報との出会いを大切にし
それを原動力として努力できる人です。

 

決して完璧ではない未熟な自分をしっかりと受け入れ
積極的な言葉を口にすることができれば
これからも、知識を深め交流の幅を広めながら
無限大に成長できる可能性が生まれます。

 

未熟さは財産

「未熟だから」と言いそうな場面に出会うことがあれば、
それは自分が新たなステップへと踏み出すチャンスです。

 

豊かに成長した自分をイメージして
笑顔で前向きに取り組めば
また一歩、
成長した自分に会えるでしょう。

 

そして、それはまた新たな出会いも運んでくれることでしょう。

 

「未熟であること」は、
豊かで魅力ある人生を送るために
ほかの何にも代えがたい「経営資産」です。

 

あなたも、知識と経験、人脈という
素晴らしいテキストを手に入れ、
「未熟」というノートを
その手で埋め尽くしましょう。

 

このご時世、
在宅に居座っている主婦でも
お金をガッツリ稼ぐことができる時代になりました。

 

ガッツリ稼いで自由を得ましょう!



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ