主婦が在宅をお金を稼ぐために、他人と自分が見ている角度の違いを見極める

主婦が在宅をお金を稼ぐために、
他人と自分が見ている角度の違いを見極めるべきです。

コミニケーション

どこかのお店で食事をすることになった時、
あなたは普段、どんなふうに注文しますか?

 

メニューを隅から隅までみて、
一番よさそうなものをじっくり選ぶのでしょうか?

 

それとも、席に着くなり目についた
メニューを注文するのでしょうか?

 

いったい、どちらが正しい注文方法だと思いますか?

 

注文の仕方に見る、考え方の違い

結論を言えば、「どちらが正しい」
なんていうことではないですよね。

 

注文の仕方は人それぞれ。

 

だけど、じっくり注文するタイプの人から見れば、
すぐに注文してしまう人の行動はとてもせっかちに見えます。
慎重さが足りないように思えるし、軽薄で、
下品にさえ思えるかもしれません。

 

一方、すぐに注文するタイプの人にしてみれば、
じっくりメニューを見ていてなかなか注文しない人を見ると
イライラするでしょう。
優柔不断で、頭でっかちで、
そしてだらしない、と思えるかもしれません。

 

しかし、じっくり注文する人の言い分もあれば、
すぐ注文する人の言い分もあるはずです。

 

落ち着いてその言い分を聞いてみると、
どちらも筋が通っているように思えるはずです。

 

それぞれの意見が正しい

そのお店がどんな料理を提供していて、どんなメニューがあるのか。
そして今自分のお腹の状態に合うメニューとは何なのか、
予算と照らし合わせてどうなのか…。

 

こういうことはしっかり考えてから注文しないと、
後々後悔することにもなりかねません。
嫌な気分にならないために、
今日の食事を気持いいものにするために、
とても大事なことです。

 

これはビジネスでも同じ事が言えますよね。

 

大事なビジネスを動かす前には、
十分な計画、そしてリサーチが大切ですから。

 

しかしながら、ああだこうだと頭の中で
考えてばかりいては、時間の無駄になってしまいます。
どんなにメニューばかり見ていても、
実際にその料理が間の前に運ばれて、
匂いや味を感じてみないことには、
それがいい料理かどうかなんてわからない。

 

これも、最もな理屈です。

 

そしてこれも、
ビジネスにおいても同じことが言えるでしょう。

 

まだ何も始まっていないのに、
頭の中で計画ばかりを組み立てていても
結果は見えません。
実際には計画通りに行くことなんて少なくて、
何事もやってみて初めて分かるものです。

 

人は皆、自分だけの角度を持っている

つまり、これはどちらも正しいということなんです。

見る角度を変えてみると、違う考え方もできる、
ということ。

 

そして、人はそれぞれに、
見える角度が違うということなんです。
360度全部見渡せる人などいないのです。

 

だからいろんな視点、いろんな角度を
持っている人がいて、互いに補い合っているんです。

 

そう考えてみると、自分と全く違う価値観を
持っている人のことが、貴重な存在に思えてきませんか?

 

そして自分の考えだけを押し付けるということが、
危険なことだと思えてくるはずです。

 

自分には自分の価値観がある、
他人には他人の価値観がある。
そのことを認め合うというだけで、
コミュニケーションというものは
随分変わってくるのではないでしょうか。

 

主婦が在宅をお金を稼ぐために
このようなアンテナの張り方も
意識するべきです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ