主婦が在宅で稼ぐ方法はいくらでも有りますNo.51

ネットビジネスでは、相手(読者:見込み客)との意思の疎通の手段として
「文章」が使われます。

通常のビジネスでは、相手との商談は「会って話す」というのが基本になります。

 

もし、あなたがネットビジネスで生計を立てて行きたいとお考えなのに
文章を書くのが苦手という方には、大きな声では言えませんが
「顔を洗って出直して来い」と言いたいのが私の本音です。
しかし、・・・。

 

文章を書かずに

一つの例として、音楽関係の仕事に就きたいのに「楽譜」が読めない
ということについて考えてみます。
有名なミュージシャンの中には、楽譜が読めないという方もたくさん居られます。
しかし、そのような方は音楽的な才能に恵まれているか、
楽譜が読めないことへのマイナスを、他の方法で補うために
大変努力されているかのどちらかだと思います。

 

もし、あなたが楽譜が読めないのにミュージシャンになりたいとお考えなら、
今から直ぐに楽譜を読むことを学ばれるのをオススメします。
楽譜を読むことは、それほど難しいことではありません。
(楽譜を読めないことを補うための努力に比べれば、大したことではありません)

 

特にずば抜けて何らかの音楽的な才能が無いのなら、楽譜を読むことは
最低限 音楽の世界で生きていく上では、必要なことなのです。

 

これと同じことが、ネットビジネスでの「文章を書く」ということにも
言えると私は考えています。

 

まあ、しかし世の中、多様性の時代です。
今「できるだけ文章を書かずに稼ぐ方法」としては、次のようなものが考えられます。
①:「まとめサイト」のようなものを構築していくノウハウ。
②:「YouTube」などの動画作成ノウハウ。

しかし、文章を書かずに楽して稼ぐということではありません。
文章を書くのが苦手であれば、あなたに合った別の努力をしていただく必要があるのです。
私に言わせれば、これらの別の努力をするよりは、文章を書くことに対して
努力する方がよほど楽だと思います。

 

また私の基本的なネットビジネスの考えは
「人からお金をもらうのには、それに値する記事を書く」ということだと考えています。

 

文章の大切さ

これまでにも私は「コピーライティング」の大切さなどの話をしてきました。
ネットビジネスでは「文章」で「読者の方(見込み客)」に対して、
いろいろな情報を伝えていかなくてはなりません。

 

それには「情報」を、「正確」に「簡潔」に「明瞭」に伝えなければなりません。
そのためには「文章力」というものが必要になるのです。

 

私は、ネットビジネスでの「文章力」というのは、
「牛丼」の牛肉のようなものだと思います。
つまりネットビジネスでは、不可欠なものなのです。

 

まとめ

今の世の中は、多様性の社会です。
またネット社会と言われるほど、インターネットが不可欠な社会です。

 

ネットビジネスも、多様性という面で考えますと
「文章を書かずに稼ぐ方法」というのも選択肢の一つと考えなければならないと思います。

 

しかし、現実のネットビジネスの現状を考えますと、
「文章を書かずに稼ぐ方法」というのは探せばありますが、
「費用対効果:手間を掛けた度合いと、それによって得られる効果」は、
非常に低いと言わざるを得ません。

 

ですので、私からのアドバイスとしては
「ネットビジネスで生計を立てていこうとお考えなら、文章を書くということに
対して、正面から向き合ってみて下さい」ということです。

 

また、実際にネットビジネスをされていて、なかなか稼げないという方にも
もう一度「文章の力」というものについて考え直していただければと思います。

 
その意味が理解できましたら、
主婦でも在宅ワークでガッツリと安定した収入を得られるようになれます。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ