主婦が在宅で稼ぐ上手な「時間帯」の使い方

一日は24時間。
忙しい人にも、暇な人にも、
同じように平等に24時間が割り当てられています。

 

この時間をどのような配分で、どのように過ごすのか?
どの時間帯に何をするのか?

時間

それによって、いろんな違いが出てきます。

 

お金が出ていく時間帯

たとえばお金を稼ぎたいという時。
お金を稼ぐには、いっぱい働かなければならない、
と普通は考えますよね。

 

人脈を増やさないといけないし、付き合いも大切。

 

ビジネスの勉強をしたり、
マニュアルを買って夜な夜な勉強したり。

 

そして一方では、
付き合いのために飲み会やパーティ、交流会なんかに参加したり。

 

でもそういう生活をしているうちに、
実はたくさんのお金を出費してしまっている、
なんていうことはありませんか?

 

マニュアルを購入するにもお金がかかりますし、
当然、交流会やパーティ参加費も決して
安いものではないでしょう。

 

付き合いが増えれば増える程、
出て行くお金も増えてしまうものですから。

 

とにかくそういう夜の付き合いとでもいいましょうか、
実はかなり負担になっているんですよね。

 

それもまた将来への投資だという考え方もあるかもしれませんが、
かといって無計画に使っていたんでは、
どんどんなくなっていくばかり。

 

夜はお金のブラックホール?

特に夜遅くまで起きていると、
たとえば酒やタバコといった嗜好品をやっている人は、
どんどん量が増えてしまう傾向がありますよね。

 

夜遅くにパソコンで作業している人なんかは、
ついついタバコの本数が増えるという傾向があります。

 

もちろん健康にも悪いですしね。
健康を害するのは、何よりもの損失。

 

そして疲れたといって夜食を食べたり。

 

これが夜に出歩いてばかりいると、
さらに余計に飲み代、食事代がかさんでいきます。
一人で家にるときと違って、周りの人のペースに合わせながら、
ブレーキが効かなくなりますからね。

 

「私はもうこの辺で」とはなかなか言い出せない。
そして飲んだり食べたり、挙げ句の果てにタクシー代とか。

 

とにかく夜というのは、
実はお金がかかる時間帯なんですね。

 

けっこうな無駄遣いを、
知らないうちにしてしまう時間帯です。

 

時間の無駄遣いはお金の無駄遣い

「お金を貯めたければ、寝る間も惜しんで働け!」
というのが、昔ながらの考え方かも知れません。

 

しかし冷静に考えてみると、
夜というのは出費の多い非効率的な時間帯ですから、
へたに夜更かししていると、かえって損をしてしまいかねませんよ。

 

それよりも、日中の時間を大切に
使った方がいいんじゃないでしょうか?

 

無駄な出費の誘惑も少ないでしょう。

 

何と言っても、世の中全体が動いている時間、
ビジネスが動いている時間ですしね。
こっちのほうが有意義です。

 

夜は無駄遣いの誘惑ばかりが動いている時間。
そんな誘惑に乗せられるぐらいなら、
とっとと寝て十分な睡眠をとったほうがマシです。

 

そして元気に昼を過ごした方がよくないですか?

 

こんなふうに、何をどの時間帯にするか、
ということを考えてみるといいと思います。

 

たとえばメールを送ったりブログを書いたりするのだって、
時間帯によって読まれる率が全然違うわけですからね。

 

そういうことを意識して、
「時間帯」の使い方を上手になってみると、
いろんな面に役立つんじゃないでしょうか。

主婦が在宅で稼ぐなら、大事な視点です。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ