ポケモンGOは最強の集客ツール

話題のポケモンGO。
賛否両論を巻き起こしていますね。

 

私自身はやるつもりはないのですが、
ちょっと違う目線で注目しています。

 

これだけのブームになって、
多くの人がプレイしているのです。

 

集客

 

これだけのプレイヤーがいれば、
集客のビジネスツールに使うことが
できるのではないでしょうか。

 

人を集めるルアーモジュール

ポケモンGOには、
ルアーモジュールという有料アイテムがあります。

 

これを使うと、30分の間、
だいたい3分に1度の頻度で
その場にポケモンが出現し続けるというものです。

 

一度に大量のポケモンをゲットしたい時には
かなり使えるアイテムのようです。

 

自分で歩いて探しに行く必要がないという、
ポケモンGOの趣旨からすれば
本末転倒のような機能なわけですが、
実はこれは「人を集める」という最高の機能なのです。

 

このルアーモジュール、
使用者だけにその効果が及ぶわけではなく、
他のトレーナーたちもその恩恵を受けることができます。

 

つまり、誰かがルアーモジュールを使ったとして、
自分も同じ場所にいれば、
30分間ポケモンをゲットし放題なのです。

 

そしてその人を集める機能が
実店舗を構えている人たちにとっては
かなり有益なツールになるのではないかと思うのです。

 

ルアーモジュールで飲食店の売上アップ!?

実店舗、特に飲食店の集客には、
かなり使えるのではないでしょうか。

 

経営者自身がルアーモジュールを購入し使用すれば、
ポケモンGOにハマっている人たちが来てくれます。

 

さらに、
「ポケモンマスターを目指す人は飲食代○%オフ」なども
併せて告知すれば、効果的な集客につながりますよね。

 

ただ、費用対効果が気になります。

 

そこで、ルアーモジュールを営業時間中使用し続けると
どれぐらいの費用がかかるか算出しました。

 

細かい計算は割愛しますが、
一番良い換金レートでポケコインを購入し、
ルアーモジュールを8個セットで購入した場合、
一個あたりの価格は69円ほどです。

 

1日の営業時間を12時間として、
ルアーモジュールの持続時間が30分。

 

1日のルアーモジュールにかかる費用は、
1656円です。

 

これを高いと捉えるか、安いと思うかは、
その経営者次第です。

 

ですが、飲食店の場合、
2人来てくれれば回収できるレベルですので、
これでプレイヤーを10人集客できたとしたら
費用対効果は高いのではないでしょうか。

 

実際に、この方法でポケモンプレイヤーを集客した
ニューヨークのレストランがあるそうです。

 

そこはなんと、売上75%アップしたそうです。

 

使うなら旬が終わる前に

ビジネスには、必ず旬があります。

 

そして、旬が終わってから参入しても
遅いのです。

 

勘の良い経営者は、
何事もそれが未常識のうちに参入し、
常識になる前には撤退します。

 

ポケモンGOも、
いつまでブームが続くかは分かりません。

 

ルアーモジュールが集客に役立つのなら、
旬のうちに使ってみるのも良いかなと思います。

 

ポケモンGOブームが過ぎ去って、
プレイヤーの数が激減したら使っても意味はありません。

 

そういう意味では、
まだまだブームまっ最中のポケモンGO。

 

これからも、新しいビジネスツールとなる可能性は
かなり高いと思って注目する価値がありそうです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ