ビジネス上の日本文化と欧米文化との違い

ネットビジネスにおいても文化の違いを感じることはないでしょうか?

日本の文化と欧米の文化とでは違いが見られます。

解決の仕方ですが、
遠慮することなく双方がいい方向に進む方が得策です。
結果がきちんと出せるかどうかがとても大切になります。

目次

欧米から見る日本人はあまり良い印象を持たれていないです

欧米の文化が‘罪の文化’と言われてるのに対し、日本の文化は‘恥の文化’と言われています。
人は生まれてきた場所、育ってきたそれぞれの環境で考え方というのも異なっていきます。

この‘罪の文化’と‘恥の文化’という言葉は、日本と欧米の環境の違いをよく表しているとも言えます。
日本人のイメージというと、謙虚で礼儀正しく思いやりがあるという風に思われています。
ですが、外国人から見た日本人はこのイメージとは違っているとなっているのです。

何かと人の目を気にしたり、謙虚でいることそのものが自虐的にしか見えていないというのです。
また、相手に見せる自己表現をする時の態度が積極的でなく消極的になっているというのです。
といったようにあまり良くない印象にしか見られていないとされています。

これに関しては少なからず合っているとも言えます。

欧米の文化というと、人の内にある良心の部分を重要視するという‘罪の文化’と言われています。
日本文化は外見だったり世間体等他人の目を気にする事から、‘恥の文化’と言われているのです。
例えるなら欧米が尊敬するのは企業家、人気№1の企業に勤務すると尊敬するのが日本です。

金銭関係の話題であれば、欧米の人達はストレートに話を進めていきます。
順調に物事を運んでいけるようにしていきたいのが欧米の人であり文化でもあります。
しかし、話を進めずどうにかして別の話題に変えようとするのが日本人という事になります。

話を逸らして進めようとしない傾向を持つのが日本人で日本の文化だとも言えます。
日本人の態度を見た外国人は、日本の事をあまり良く思ってくれないかもしれないです。
逆に直球で物事や話を進めてくる欧米人の態度を見て驚いてしまうのが日本人だとも言えます。

こうした態度の違いは、ひとえにそれぞれの国が持つ文化の違いから来ています。
もっとはっきりと言ってしまえば、生まれた国とそこで育っていく時の環境の違いとなります。

遠慮することなくお互いが良い関係を築くことが大切になります

環境によって人が育つのであれば、自分自身が作ればいいのだとある方は言います。
こうなってしまうと、日本に住む人達が持つ謙虚さというのは無いのではないかと思います。

図々しく自己中心的なことが日本の恥だという事になるかもしれないです。
けれども、ちょっとくらいのわがままさは持っておいた方がいいです。

何故ならば、遠慮ばかりしていても損をするばかりで得をすることはないからです。
遠慮なんてしないで、それぞれが向上できればいいのだというのがある方の考えです。

ある方は、稼げる方法を知ったなら手法や情報を分け合うのだそうです。
経済に関することも思考についても、連日個人的な記事にして分け合っています。
双方が偏ることなくいい方向へと向かうため、より良い関係を築くためなのです。

どちらか一方に行ってしまうということはしないのだとある方は言っています。
双方ともにいい関係性となるようにと、前もって思考を巡らせながら動いているのだそうです。
こうした思考を持った生き方が面白いのだとある方は感じています。

この世はどう結果を出せるかというのが重要となってきます

何かをして得をする人がいれば、損をしてしまうという考え方はとても謎だとある方は言います。
もし仮にミスをして損をしてしまったと思っても、数字を上げていけば得をする事になります。

まさにことわざでいう所の『終わり良ければすべて良し』という言葉がはまっていると言えます。
環境によって人々の思考が作られるのであれば、自分で人を育てる環境を作ればいいのです。

こうした心掛けを持って動いていくようにすれば、成長をすることが出来ます。
何処かの誰かに何かを言われたとしても、しっかりと結果を出した人のほうが正当なのです。

この世の中に生きる人達にとって、何かをやり遂げる時は結果を重んじることが大切なのです。
ある方も、この世は結果をきちんと出していく事が重要なのだと言っています。

自分が何かをしようと思った時、進め方によって結果の良し悪しが決まってきます。
結果次第では自分が得をすることもありますし、逆に損をしてしまうこともあるわけです。
自分が損をしないようにするための努力をしていくことも大切です。

自分にとっても相手にとってもプラスとなる結果を出せるように全力を注ぐのです。
遠慮ばかりしていると、せっかくのプラスポイントを逃してしまうかもしれないです。
消極的な態度を取らずに、積極的に物事を進めていくべきなのです。

努力をするのに消極的考えや態度は必要ないというのがある方の考えです。

ネットビジネスにも当てはめてみてはいかがでしょうか?



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ