スポーツドリンクの容器が病気の元になる?

熱中症や脱水症状を予防するために
欠かせないスポーツ飲料。
そしてレジャーの時に持って行きたい
お気に入りのジュース。

ジュース

しかし、容器によってはこれらの飲み物が
化学反応を起こし、毒素を発生することがあるんです!

 

どんな容器が危ないのかを知っておきましょう

危険な入れ物は、ステンレス製やアルミ製などの
金属製ボトルです。

 

いろんなタイプのものが発売されています。
丈夫で軽いもの、保温性がよく、
いつまでも冷たく美味しく飲めるようなものなど。

 

しかし、やはり金属というのは酸化してしまいます。
簡単に言うと「サビ」ができてしまうんですね。

 

また、金属の成分が溶け出してしまうこともあります。

 

きちんと加工されて、市販されているものだから安全だろう、
と思われるかもしれませんが。

 

今一度、その容器が何でできているか、
よく確認しましょう。
これから購入する人も、しっかりと材質を
チェックしておくべきですね。

 

どうしてサビが発生するのか

体内に水分をしっかり吸収させるためには、
どうしても少量の塩分が必要になってきます。

 

昔の人は少し塩をなめてから水を飲んだり、
冷たいお茶に少し塩を溶かして水筒に入れて
出かけたりしたそうです。

 

そういうわけで、
ほとんどのスポーツドリンクにも
塩分が含まれています。

 

塩分は金属を劣化させやすいです。

 

「海に行くときは精密機械を持って行ってはダメだ!」とか
いう話を聞いたことはありませんか?
潮風に当たるだけでも危険、という人もいます。

 

とにかくそれくらい、塩分は金属を腐食させやすいです。

 

その塩分を含んだ飲料を何度も何度も入れていると、
金属製の容器は少しずつ腐食し、溶け出してしまうんですね。

 

それを飲んでしまうと大変です。

 

また、多くの飲料には「酸」が含まれています。
炭酸飲料だったり、乳酸菌飲料だったり。

 

「酸」という文字が含まれている時点でアウトですね。

 

スポーツ飲料にも含まれていますし、
柑橘系のジュースなどにも含まれています。

 

当然これらは「酸化」の原因になりますから、
やはり金属製の容器に入れて保管するのはよくありません。

 

ちなみに、スポーツ飲料などを入れていなくても、
金属製タワシで洗ったりしているうちに傷がつき、
そこから腐食していくということもありますから、
普段から取り扱いには注意が必要です。

 

安全に飲料を摂取するために

どうしても金属製の容器を使いたい場合は、
内面がしっかりフッ素加工されているものにしましょう。

 

金属に直接飲み物が触れないような構造であれば大丈夫です。

 

もちろんどんなものでも、古くなったものはよくありませんから、
できるだけこまめに買い替えたほうが安心ですね。

 

プラスチック製の容器を使うのもいいでしょう。

 

ただ、スポーツドリンクの容器選びは
ファッション性もありますから、
見た目的にも気に入ったものを選びたいものだと思います。

 

しかし何と言っても健康が第一。
身体に悪いのではしかたありませんから、
その材質にはしっかり注意を払うことが最も大切ですね。

 

見た目だけでパッと選ぶのではなく、
十分にその商品について調べてから
購入したほうがいいでしょう。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ