コピーライティングによって成約率が変わる No.11

みなさんはコピーライティングという言葉を聞いたことがあると
思います。


元々は英語の言葉ですが、現在では日本語として違和感無く使われています。

 

コピーライティングとは?

では、それはどういった意味なのかここで再確認しておきましょう。
コピーの意味としては、
①複写すること。
②本物に似せた物。
③広告のキャッチ・フレーズ(三省堂 大辞林より)

 

ライティングの意味は、
・文章を書くこと。 作文。

つまり直訳すると「広告文を書く」という事になります。
広告の目的は、物を買ってもらうためのものです。
ですので、少し意味を広げますと
「文章で人に物を買うという行動を起こさせる」ものとなります。
つまり、
「言葉の力で人を動かす」という意味になるのではないでしょうか。

 

○○するために必要なスキルとは?

私は、コピーライティングのスキルは、自立するための最強のスキルだと
思っています。
考えてもみて下さい。世の中、何をするにもまず言葉で自分の意思を
伝え、そして相手に私が希望するように行動していただく。
これは、コピーライティングの「言葉の力で人を動かす」という意味、
そのままなのです。

 

通常、コピーライティングというのは、ものを販売する際に必要なスキル
なのですが、一般のみなさんは、なかなか物を売るという機会が少ないかと
思います。

 

しかし、物を買うときに値切るということをされたことがあるかと思います。
(特に大阪の方は)

この値切るという言葉は値引き交渉とも言われます。つまり交渉なのです。
値引き交渉をする際は、その商品の弱点(売る時は、メリット)を指摘したり、
同等品の他の店での価格を示したり、もし今回値引いてくれれば、次回以降も
この店で買う可能性があることなど、いろいろな戦略を駆使して値引き交渉を
されているかと思います。

 

この際に、役立つのがコピーライティングなのです。
「言葉の力で人を動かす」というスキルなのです。

 

つまりコピーライティングのスキルさえあれば、いろいろな交渉の際
有利に進めることが出来ますので、何か困ったことが起こった時などに
とても役立つと思います。
(しかし、言葉が通じるということが最低限必要ですが)

 

まとめ

ネットビジネスのアフィリエイトというものは、コピーライティングや
ネットビジネスを学びながら、その時の実力に応じた金額を稼いでいける
ものだと思います。

 

ですので、自分のコピーライティングスキルやビジネススキルが上達すると、
稼げる金額もそれに応じて上がっていくような仕組みになっていると思います。

 

このようなアフィリエイトを何故 私がおすすめするのかと言いますと、ある意味、
非常に合理的で向上心を刺激する良いビジネスモデルだと思っているからです。

 

つまりアフィリエイトというのは、あなたが真剣に努力すれば報われるという
正に労働の基本の「労働の対価として賃金を得る」という原則に沿ったものだと
考えているからです。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ