主婦がお金を稼ぐための相対主義

考えてみれば私は結構長い間、ネットで情報商材を紹介して
買っていただく仕事をしてきました。

最初はとにかく「売れる商材」ということだけしか頭にありませんでしたが、
ある程度、私が紹介した商材を買っていただき、落ち着いてきた頃から
「その商材を買っていただいた方にためになるような商材」
ということを意識し始めました。

「自分だけの利益から他の人にも利益を!」というように精神的に少し余裕が
生まれてきたのだと思います。

 

水飲み場

英語のことわざに
「馬を水飲み場まで連れて行く事はできても、(無理に)水を飲ませることはできない」
というのがあります。

 

私のこれまでの考え方としては
「私の教材(アフィリエイトで稼ぐ方法)の購入者にはいろいろな考え方の方が
おられますので、ネットで収入をあげられる方法はお教えしますが、
それを使って収入をあげられるかとうかは本人の考え方次第」というものです。

ですので「最終的には本人一人ひとりが頑張るしかない」と思っていましたが、
最近「これで良いのだろうか?」と考え込んでしまうことが多くなってきました。


つまり私の教材の購入者の方々は、いろいろな考え方・価値観(相対主義)の方が
おられるので、それは仕方が無いものと考えていました。

 

しかし、これからのネットビジネスの未来を考えた場合に、
あともう一歩、何とか水を飲む気になってもらい
「ここの水というのはこんなに美味しいものなのだ!」
と実感して満足してもらう必要があると思うのです。

 

相対主義

私の自分自身の心の中の言い訳の一つに「相対主義」という言葉があります。
「価値観なんて(何を基準にするかによって)人それぞれなんだからさ」的な考え方。
この考え方というのは、私にとってとても都合の良いものです。

情報商材で「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教えますが、
それを実行するかどうかは、個人の考え方・努力次第だと割り切っていました。

 

しかし、もう一歩踏み込んで
「実際にお金を稼いでいただき、その人の未来を明るくしたい」という思いが
最近私の中でどうも出てきているようなのです。

 

まとめ

では、具体的にどうすれば良いのかということですが
1)私が自信を持っておすすめできる商材だけを販売する。
2)買っていただいた方には手厚いアフターサービス(質問や具体的な対処方法)を
実施する。
3)最終的にお金を稼げるようになるまでお世話をする。
というものです。

こうすることによって、もっと多くのかたに
「アフィリエイトというのは稼げるものだ」というのを
実感していただき、ネットビジネスというものの基盤をしっかりと
したものにしていきたいと考えています。

 

つまり
私はこれまで大学の先生という考え方
(やり方は教えますが、それをどのように実行していくかは本人の気持ち次第)でしたが、
これからは小学校の先生
(まずやり方を教えてできない子にはなぜ出来ないのか考え、できるまで指導して行く)方法に
変えていくつもりです。

 

このような方法が(少なくとも)
「ネットビジネスというものが世の中に正しく認識されるまで」
は必要だと考えています。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ