「リアクション」でコミュニケーションのスキルアップを

「人生で成功したい」「対人関係を改善したい」と考える人にとって、
コミュニケーションの能力を高めることは大事な要素のひとつです。

 

コニミケーション

 

実際、事業に成功し、よりよい人厳寒系を築いている人達の多くが、
コミュニケーションをとても大切にしていますし、
優れたコミュニケーション能力を持つ人が大勢います。

 

「相手の目を見て話す」って案外むずかしい!?

「コミュニケーション能力」と言っても、
話題づくりや会話のキャッチボールなどいろいろなスキルが考えられますが、
基本的なコミュニケーション方法のひとつに
「相手の目を見て話す」というものがあります。

 

誰でも一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

「相手の目を見て話す」ことで、
「あなたに好意を持っていますよ」という気持ちを伝え、
「あなたの話をちゃんとと聞いていますよ」という
意思を表すことができるといわれています。

 

でも実際に相手の目を見て話そうと思っても
「何だか気はずかしい」「かえって不自然な印象を与えてしまうのでは」と感じ、
視線を合わせることをためらう人も多いようです。

 

そして目を見られている側も
「ずっと見られていると居心地が悪い」「少し怖い」と
感じてしまう人もいます。

 

目を見るのが苦手な人には、少し違うアプローチもあります
。それは、適度なタイミングで視線を外したり、
視線を合わせる方法です。
また、目線を少し目からずらし、
口元やおでこの辺りを見る方法もあります。

 

これらの方法は、上手にできればコミュニケーションを高める
有効なテクニックになりますが、自分の目線にばかり気を取られてしまうと、
相手の話を聞くどころではなくなってしまいます。
誰でも簡単にできることではありません。

 

相手が気にするのは「反応」

「目を見て話す」は、有効なコミュニケーションのひとつですが、
人によっては目を見ることに抵抗をおぼえたり、
不自然な反応になってしまったり、
相手の話よりも目線に気を取られてしまい、
逆効果になってしまうこともあります。

 

それではコミュニケーション能力を高めるためには
どうすればいいのでしょうか。

 

それはリアクションです。

 

人は会話をするとき、相手の反応を見ています。
「退屈していないだろうか」「自分の話をちゃんと理解してくれているだろうか」と
気にしています。

 

目を見つめるばかりでリアクションの薄い相手だと
「本当に自分の話を聞いているのだろうか」と不審に感じたり、
目が不自然に泳いでいる相手だと
「ソワソワしてるけど、時間がないのかな」などと
思ってしまいます。

 

適度なリアクションこそ上達の近道

ですから無理に視線を合わせるよりも、
相手の話に「なるほど」「そうですね」とあいづちを打ち、
身振り手振りを付けて話をする方が、
自然で親密なコミュニケーションが成立します。

 

コミュニケーション能力の優れた人の立ち振る舞いを見ていると、
リアクションによって相手を引きつけている様子がはっきりと分かります。
一度身近な人やテレビに出ている人のリアクションを
観察してみるといいでしょう。

 

視線を気にするよりも、
会話の中で少しでも多くリアクションを取るように心がける方が、
コミュニケーション上達の近道です。

 

リアクションがうまく取れるようになった上で、
目線にも気を配れるようになれば、
あなたのコミュニケーションスキルはさらに高くなるでしょう。



////////////////////////////////////////////////////////////////

無料メルマガはこちら



コメントを残す

このページの先頭へ